[Suits woman]不妊治療の末、離婚し、一転シングルマザーへ/チアキさん【みんなの転機】

※この記事は、小学館 Suits womanに掲載していた記事です。サイト閉鎖に伴い、許可をいただき転載しています。


「どんな経緯でその職に就いたんだろう?」 「結婚・出産で生活は変わるの?」 「悩んだ時にみんなはどんな決断をしたんだろう?」 転職、起業、転居、結婚、離婚、出産など…、気になる“人生の転機”を様々な人に取材し、漫画でレポートする連載です。

連載第6回目は、ベンチャー企業で働くシングルマザーのチアキさんにお話を伺いました。 チアキさんは10年間、結婚生活を送っていた過去があります。 まさに“波瀾万丈”と言いたくなるような彼女の10数年間をぎゅっと漫画にまとめました。




「25歳で結婚した当初は、まさか今自分がシングルマザーになっているなんて思わなかった」 そう語るチアキさんは明るい笑顔でした。 不妊治療をしていた頃に子どもが出来ていたら、どんな人生になっていたのか…と、考えたこともあるけれど、子どもと過ごす今こそがかけがいのないものだと感じているそうです。

チアキさんのような予期しないタイミングでの妊娠に限らず、初めての妊娠を知った瞬間、喜びよりも先に不安が押し寄せてしまう人も実は多いのではないでしょうか。

未婚の場合は結婚するかいなか、今している仕事はどうするのか、育休産休、生んだ後の生活はどうするのかなど、考えなければならないことが山のように押し寄せて来るからです。

チアキさんの場合も、妊娠がわかった瞬間、頭が真っ白になり、ありとあらゆることを悩んで悩んで悩み抜いた結果、彼氏と結婚せずに別れるという選択をしたそうです。

チアキさんの前向きな姿勢を見ているとなんだか励まされたような気持ちになるのは、つらい時はとことん落ち込んで、たくさん悩んで相談して、自分で納得した選択をしたことで、“後悔の無い今”を生きているからかもしれません。

閲覧数:0回0件のコメント