[Suits woman]恋愛に消極的になっている時におすすめ!ポジティブ&ポップなイタリアのラブコメ4選

※この記事は、小学館 Suits womanに掲載していた記事です。サイト閉鎖に伴い、許可をいただき転載しています。


うまくいかないことが続いて弱気になってしまったり、かけひきを意識し過ぎて空回りしてしまったり…。恋愛に疲れてしまった時や消極的な気持ちになっている時に、おすすめしたい、イタリアのラブコメ映画やドラマを4つ選びました。


“イタリアのラブコメ”ってどんなもの?

まず、ストーリーのテンポが良い。サクサク観られます。感情表現がわかりやすくて、みんな良く喋る。恋愛だけじゃなく、友情もアツい。

ノリの良い音楽と、ファッションもイタリアらしいビビットな色使いで、観ているだけで元気になれます。

登場人物も個性豊かで、「私も、ありのままの自分で良いんだ」と思えたり、積極的なキャラが多いので、観た後は前向きな気持ちなれる作品が多いです。

そんなイタリアのラブコメ作品をイラストでご紹介します。


1.映画『欲ばりなだけの恋じゃなくて』Netflix

イタリア版『アメリ』のような雰囲気漂う、ポップでオシャレな映画です。

主人公の性格はアメリとは対照的で、人一倍明るくポジティブでどんどん前に突き進むタイプ。

でも、実は生まれながらの難病があり、肝心なところで一歩を踏み出せないもどかしさも…。

そんな主人公をいつもそばで支える親友2人も最高です。 前に進む気持ちを後押ししてくれる映画です。

続編の『もっと欲ばりなだけの恋じゃなくて』はこの映画の魅力がさらにパワーアップしているので、ぜひ合わせてご覧ください。


2.映画『恋をするなら今宵のディナーで』Netflix

「もしあの時こうしていたら、今どうなっていたんだろう?」と思うことありませんか?  この映画は、そんな「もし」の世界を覗かせてくれる作品です。

友人の新居の屋上でおこなわれたパーティーに招かれた男女4人が、2組のカップルになるのですが、「もし、もう一人の人と付き合っていたら?」という、「もし」のストーリーが同時並行で進んでいきます。

初デートの場所に選んだ遠くのレストランに行くか、行かないか、どちらの女性と付き合っていても浮気をしてしまう男性、子どもが出来た時の反応の違いなどなど。

人生の分岐の先をたくさん見せてくれますが、どちらが運命の人だったのでしょうか? ラストで語られる深い言葉に、思わずうなってしまいました。


3.ドラマ『ジェネレーション56K』Netflix

恋に奥手な男性が意気投合した女性は、じつは子ども時代の友達でした。

そうとは知らず、彼女ともう一度会いたい一心で行方を探しますが、彼女には婚約者が…。 20年ぶりに子ども時代の友人と再会したことをきっかけに、恋が始まる物語。

スマホもSNSもマッチングアプリもあるけれど、なかなかうまくいかない現在の大人の恋と、子ども時代のピュアな恋が交差するストーリー展開に目が離せなくなります。

オシャレなナイトクラブや前衛的なギャラリーもある都市ナポリ、カラフルな家が建ち並ぶ海辺の風景が素敵な子ども時代のプロチーダ島など、イタリアの美しい風景も魅力のひとつ。

ドラマシリーズですが、1話30分で物語の展開が早く、一気観してしまうかも。


4.ドラマ『傷ついた心に贈る占星術ガイド』Netflix

テレビ番組の制作会社で働く、眼鏡がチャーミングな主人公アリーチェは、仕事も恋も、がむしゃらで前向きでお人好しだけど、ちょっと不器用。

そんなアリーチェが占星術に詳しい友人ティオのアドバイスを元に恋愛に奮闘する物語。観ていると、だんだん自分までティオに励まされているような気持ちになります。

毎話、各星座の性格や特徴が解説されるので、身近な人の星座と照らし合わせて観てみるのもおもしろいかも。

イケメン上司が登場したり、各星座の男性が現れたり…、次々に登場するイタリアのイケメンも眼福です。

現在シーズン1の各30分ほど6話のみなので、気軽に見始められます。


☆☆☆


気になる作品に出会えましたか? イタリアのラブコメはまだ観たことがないという方も、ぜひ一歩足を踏み入れてみてくださいね。

イラスト・文/新里碧

閲覧数:0回0件のコメント